女性は合流が苦手? 運転技術、なぜ男女で差がつくのか

クルマの運転について、女性は男性の約3倍の割合で「合流」が苦手というアンケート結果が出ました。しばしば運転技術に違いがあるとされる男性と女性。取材したところ、確かに違いはあるようです。いったい、何がどう違っているのでしょうか。

男性より3倍以上も「合流」が苦手

 クルマの運転技術について「男女で違いがあるのでは」とする見方があります。

 2015年5月8日(金)、コインパーキング「タイムズ」などの事業を行っているパーク24は、クルマの運転技術に関するアンケート結果を公表。「苦手な運転技能は何ですか?」という設問について、「バック」という回答が最も多く見られました。

 しかしこの「苦手な運転技能」を男女別に見た場合、大きな差が出ています。「車線変更」を苦手とした女性は男性の3倍、「合流」を苦手とした女性は男性の3.2倍も割合が大きかったのです。このアンケートのほかにも、例えば日産自動車や(財)交通事故総合分析センターの調査研究などで「事故のシチュエーションに性別で異なる傾向がみられる」という報告が出されています。

女性は「合流」「車線変更」が苦手な割合が、男性より3倍以上多いという(画像:photolibrary)。

 はたして運転技術において、男女の差というものが本当にあるのでしょうか。

 その謎を探るべく、まずは自動車教習所にお話を伺いました。取材に応じていただいたのは、フジドライビングスクール(東京都世田谷区)の田中さんです。氏によれば「(男女で運転技術に)差があるとは言い切れませんが、女性に『空間認識』が苦手な人が多いのは事実」といいます。

この記事の写真一覧

  • 150530_joseidoraba_02
  • 150501_ekimeikeyholder_02
  • 150530_joseidoraiba_01
1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. あと右折するとき、男性は右側に寄って後ろ側の車が通れるようにするのに、女性って寄らないから迷惑です。

  2. 女性ドライバーです。
    首都高でも流れに乗って、普通に快適に運転しています。

    縦列駐車、車線変更、合流…なんでもOKです。

    性別にかかわらず日曜ドライバーのほうが、むしろ迷惑かと。