南港ポートタウン線がカラフルに 新型車は7色のバリエーション

大阪市交通局の南港ポートタウン線が、賑やかになりそうです。2016年4月から、7色の外観バリエーションを持つ新型車両が導入されます。

元気に走り回る子どもをイメージ

 南港ポートタウン線(コスモスクエア~住之江公園)がカラフルになります。大阪市交通局は2015年6月12日(金)、同線に新型車両200系の導入を発表。この新型車両が、編成によって異なる7色の外装デザインで登場するのです。

新型車両200系のイメージ。「何度でも乗りたくなるようなデザインのひとつ」として、7色のカラーを採用したという(画像出典:大阪市交通局)。

 カラーバリエーションはレッド、イエロー、ピンク、グリーン、パープル、ブルー、オレンジの7種類。車内も南港の自然をイメージしたというピンク、グリーンの2種類のデザインになっています。

 大阪市交通局によると、この新型車両のデザインは南港ポートタウンの公園で元気に走り回る子どもをイメージしており、「見ても・乗っても『楽しい』車両で南港地域を華やかに彩ります」とのこと。

 このカラフルな新型車両200系は、2016年4月から順次導入される予定です。同線の新型車両導入は、1991(平成3)年に運行を開始した100A系以来、25年ぶりといいます。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント