『銀河鉄道999』現実化計画始動 松本零士監修で蒸気機関車形の未来車両を

列車が宇宙へと旅立つアニメ『銀河鉄道999』。その現実化プロジェクトがスタートし、蒸気機関車風の電車を造るなど、原作者の松本零士さんらがその「夢」を語りました。

堂車のビフテキも再現される?

 2015年7月7日(火)、七夕の日。「『銀河鉄道999』現実化プロジェクト」がスタートし、東京・秋葉原のUDXシアターでその原作者である松本零士さん、歌手のタケカワユキヒデさんらによる記者会見が行われました。

プロジェクトへの意気込みを絵(色紙)で表現した松本零士さん(2015年7月7日、恵 知仁撮影)

 そのキャラクターでラッピングした「銀河鉄道999デザイン電車」が2014年12月まで、西武鉄道で運転されていましたが、それを単純に復活させるプロジェクトではないとのこと。単なる外観のラッピングではなく、鉄道や宇宙の最新科学技術を導入し、内装や舎なども含め、西武池袋線沿線に『銀河鉄道999』の世界を実現させるといいます。

 そして最終目標は、“蒸気機関車形の未来車両を西武線に走らせる”こと。本物の蒸気機関車は重量の関係で走れない路線が多いことからも非現実的といいますが、電車に水蒸気発生装置を搭載して蒸気機関車らしくするなど、様々な構想を練っているそうです。松本零士さんが名誉実行委員長として、新車両のデザインなどプロジェクト全般を監修します。

 また会見では、「ストーリーに登場した料理を実現する食堂車を作ろう」という話も。司会進行役を務めた『999』が好きという松澤千晶さんは「個人的に食堂車のビフテキが食べたいです!」と、熱く語っていました。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント