新型スカイライナー5周年 山本寛斎デザインの記念ヘッドマークを掲出

京成電鉄は、新型「スカイライナー」が7月17日に運行開始5周年を迎えることを記念し、山本寛斎さんデザインのヘッドマークを掲出すると発表しました。

7月17日より記念ヘッドマークを掲出

 東京と成田空港を結ぶ新型「スカイライナー」が2015年7月17日(金)、運行開始から5周年を迎えます。これを記念し京成電鉄は7月14日(火)、「スカイライナー」に“記念ヘッドマーク”を掲出して運行すると発表しました。

150715 keisei 01
前面と側面に5周年を記念するマークが掲出される(画像出典:京成電鉄)。

 その記念ヘッドマークをデザインしたのは、新型「スカイライナー」自体のデザインを手がけした山本寛斎さん。


 ヘッドマークのデザインは、運行開始5周年を表した「Skyliner 5th Anniversary」の文字の左右に、それぞれ金色の3本のラインを配したものになっています。これは車体の前面から側面にかけて彫られた風を切るラインを「鳳凰」の羽に見立てて、永遠に羽ばたく様をイメージしたもので、「スカイライナーが世界の人々の幸せを繋いでいく」ことをコンセプトにしているといいます。


 このヘッドマークを掲出した「スカイライナー」は7月17日(金)より2016年1月8日(金)まで運行される予定です。


 また、「新型スカイライナー運行開始5周年記念切手」も登場します。京成線20駅で、こちらも7月17日より限定2,000枚の発売。価格は1000円(税込)です。


【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント