柳川観光列車「水都-すいと-」10月デビュー 西鉄

西鉄は10月4日から、同社2本目となる観光列車「水都-すいと-」を運行すると発表しました。特別料金不要で乗車することができます。

「柳川の四季」をテーマに各車両で異なるデザイン

 西日本鉄道は2015年7月30日(木)、柳川観光列車「水都-すいと-」を10月4日(日)から運行すると発表しました。同社沿線において「太宰府」と並ぶ人気観光スポット「柳川」へのをより楽しんでもらうため、また新たな柳川のシンボルとなるよう運行するといい、西鉄の観光列車は太宰府観光列車「旅人-たびと-」に続く2列車目です。

「水都-すいと-」は金子健次柳川市長による命名。美しい水の都「柳川」を表すとともに、緑豊かな筑後エリアを駆け抜ける列車の姿を、水の流れと重ねたといいます。福岡県柳川市は掘割が市内に巡らされ、「水都」と呼ばれている街です。

柳川観光列車「水都-すいと-」の外観イメージ(画像提供:西日本鉄道)。

 外装デザインは「柳川の四季」がテーマ。日本の伝統色を用いて、例えば画像で先頭になっている6号車はえんじ色と藍色を使い「春 -柳川まりと雛祭り-」を、3号車は灰緑色と象牙色を使い「初夏 -花菖蒲-」をイメージといったように、各車両ごとに異なる色彩やデザインで「柳川の1年の美しさ」が表現されています。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント