エコカーは中古が「真のエコ」? いま活性化する中古エコカー市場

ディーゼル車は“分かりやすい”から値段が下がらない?

 従来のクルマに一番近い感覚で使え、低燃費でトルクフル、燃料代も安いディーゼル車は、最新のエコカートレンドかもしれません。国内ではマツダや三菱、また輸入車勢もBMWやメルセデスベンツ、ボルボなど、ディーゼルを日本市場に多数投入しています。ディーゼル車はガソリン車からの「燃費向上」、給油時の「安い燃料代」を実感しやすいため、“分かりやすいエコカー”といえるかもしれません。

 ただ、そうした“分かりやすさ”からか、中古車でもディーゼルモデルは高い人気を維持。なかなか価格が下がらない傾向があるようです。

 現代のディーゼル車は昔ほどエンジンが低回転型ではありませんし、加速などクルマのフィーリングも、全体的にハイブリッドカーやEVとは異なるものです。「エコカー」とはいえ、「クルマに求めるもの」を明確にさせるキャラクターを持っているのが、こうしたクリーンディーゼル車かもしれません。長距離をよく利用する人にも適しています。

「エコロジー」は、ファッションや流行ではないはずです。自分にあったエコカーに出合えることが大切でしょう。

【了】

Writer: 中込健太郎(自動車ライター)

大手自動車買取販売会社で中古車流通の実務、集客、ウェブコンテンツ制作など歴任。クルマそのものについての紹介、執筆に加え、「クルマでどこへ行くか、クルマで何をするか」という、人との関わりについての考察も多数。温泉ソムリエとして、クルマだからこそ気軽に行ける温泉探しにも余念がない。モットーは「クルマはそれ自体が人と人をつなぐメディア」。クルマとの出会いを求めて全国を走り回る。趣味はクルマでふらっと鉄道施設に立ち寄る「寄り鉄」。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 題名と内容が不一致では?

  2. 中込健太郎は車の事語る資格なし