「トワイライトエクスプレス」車両、福井へ サロンカー2両連結

寝台特急「トワイライトエクスプレス」の車両を使った団体臨時列車が、大阪~福井・芦原温泉間で運転されます。乗車ツアーは1泊2日で3万2800円からです。

「北陸DC」オープニング記念で

 2015年3月に運転を終了した寝台特急「トワイライトエクスプレス」(大阪~札幌)。その車両を使った団体臨時列車が2015年10月、大阪~福井・芦原温泉間で運転されます。

150825 twilight 01
かつて大阪~札幌間で運転されていた当時の寝台特急「トワイライトエクスプレス」(2014年7月、恵 知仁撮影)。

 10月1日(木)、大阪駅を10時18分頃に発車。武生駅(福井県越前市)へ約20分停車したのち、福井駅に14時21分頃到着します。

 10月2日(金)は、芦原温泉駅(福井県あわら市)を13時頃発車。鯖江駅(福井県鯖江市)で約50分停車し、大阪駅へ20時15分頃到着します。

 編成は「Bコンパート」1両、「ロイヤル・スイート」1両のほか、フリースペースの「サロンカー」を2両連結するのが特徴。定員は36人です。

 10月1日から実施されるJRグループの「北陸デスティネーションキャンペーン」。そのオープニングを記念して運転されるもので、乗車には日本旅行のツアー「トワイライトエクスプレス車両で行く福井の旅」へ参加する必要があります。ツアーの発売は8月28日(金)の15時より。旅行代金は3万2800円から4万6800円です。

 1日目は福井駅に到着後、えちぜん鉄道の貸切列車で移動。あわら温泉で宿泊します。2日目は東尋坊クルーズ、三国湊町散策など観光をしたのち「トワイライト」へ乗車。途中、敦賀で赤レンガ倉庫の特別見学が行われます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント