【今日は何の日?】青函トンネルの契機になった日本史上最悪の海難事故発生

9月26日、青函トンネル建設の契機になった、日本史上最悪の海難事故が発生してしまいました。

 1954(昭和29)年の9月26日。青森と函館を結ぶ青函連絡船の洞爺丸が台風15号の影響で沈没し、日本の海難事故史上で最悪となるおよそ1100人もの死者・行方不明者が出てしまいました。

150926 seikanrenrakusen 01
青森駅付近に保存・展示されている元青函連絡船の八甲田丸(2009年10月、恵 知仁撮影)。

 その日の午後、洞爺丸は台風の影響で運航を見合わせていましたが、夕方以降、天候の回復が見込まれたことから、函館駅から青森駅に向けて出港しました。

 しかし洞爺丸は、ほどなく猛烈な風、波浪に襲われてしまいます。航行を断念して函館付近で投錨し、天候の回復を待つことにした洞爺丸でしたが、船内への浸水が発生。航行不能に陥ってしまいます。

 そこで洞爺丸は沈没を避けるため、函館にほど近い七重浜へ意図的に座礁することを試みますが、残念ながらその計画は実現できず、洞爺丸は沈没。約1100人もの死者・行方不明者が出てしまいました。

 この台風15号によって、青函連絡船は洞爺丸を含む5隻が沈没。壊滅的な損害を受けてしまいます。

 のちにこの台風15号は「洞爺丸台風」と呼ばれ、この悲惨な「洞爺丸事故」は「国鉄戦後五大事故」に数えられます。そしてこの事故をきっかけに、本州と北海道を結ぶ青函トンネルの構想が大きく進展していきます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント