「JR東日本アプリ」の列車位置情報、東海道本線など5路線追加

「JR東日本アプリ」のコンテンツ「列車位置情報」に、新たに東海道本線など5路線が登場。編成両数などの詳細情報もわかるようになります。

列車種別や編成両数もわかるように

 JR東日本は2015年9月29日(火)、スマートフォン用アプリ「JR東日本アプリ」で提供しているコンテンツ「列車位置情報」について、9月30日(水)から対象路線を拡大すると発表しました。

「JR東日本アプリ」はJR東日本の列車・店舗などについて、個々の利用者の現在位置やニーズに合わせた情報提供を行うスマートフォン用アプリ。そのコンテンツのなかでも利用の多い「列車位置情報」について、JR東日本では対象線区の拡大を続けています。

「列車位置情報」の画面イメージ(画像出典:JR東日本)。

 9月30日(水)から新たに「列車位置情報」提供対象となる路線(区間)は東海道本線(東京~湯河原間)、宇都宮線(上野~黒磯間)、高崎線(上野~神保原間)、常磐線快速・普通(品川~羽鳥間)、常磐線各駅停車(綾瀬~取手間)です。

 これまで列車位置情報は、湘南新宿ライン(高崎~小田原間、宇都宮~逗子間)や京浜東北線・根岸線(大宮~大間)など6路線で提供されており、今回の追加で提供路線が計11路線になります。

 また提供される情報についても、従来の「列車の在線位置」「遅れ時分(1分単位で表示)」のほか、新たに「行先」「列車種別」「編成両数」が加わります。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント