圏央道に初の給油所 東名・中央・関越・東北道の直結に合わせ

埼玉県内の圏央道が10月31日に全通し、東名・中央・関越・東北の各高速道路が直結。これに合わせて圏央道初の給油所が開業します。

フルサービス方式で24時間営業

 NEXCO東日本は10月16日(金)、圏央道の桶川北本IC~白岡菖蒲IC間が10月31日(土)に開通する際、同区間内の菖蒲PAに給油所をオープンすると発表しました。これは圏央道で初の給油所となります。

151019 nexco 01
圏央道で初の給油所が設置される菖蒲PAのイメージ(画像出典:NEXCO東日本)。

 菖蒲PAは、圏央道の内回り・外回り両方から利用できる集約一体型のPA。都心から放射状に伸びる各高速道路をつなぐ圏央道のほぼ中央に位置しているため、給油に都合が良い立地となっています。

 新たに設けられる給油所は24時間営業で、運営は出光興産。セルフではなく、フルサービス方式(スタッフによる給油)です。

 圏央道は、桶川北本IC~白岡菖蒲IC間の開業により埼玉県内の区間が全通。東名高速・中央道・関越道・東北道が直結されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント