通天閣風の駅そば「タワーそば」登場 その高さ、南海そば史上最大

2代目通天閣の開業日を記念し、それをイメージした「タワーそば」を南海そばが期間限定で発売します。

ちくわ天3本でボリューム満点

 2代目通天閣の開業日である10月28日(水)、それを記念した「タワーそば」が南海電鉄のそば店「南海そば」に登場します。

ちくわの天ぷらを通天閣に見立てた「タワーそば」(写真提供:南海エフディサービス)。

 この「タワーそば」は、通天閣の最寄り店舗である新今宮店のみで、2015年10月28日(水)から11月30日(月)までの限定販売。串に刺したちくわの天ぷら3本とうずらの卵が、通天閣に見立てられています。「南海そば」を運営する南海エフディサービスによると、「ボリュームがあり、天ぷらの油の旨味がそばの出汁に染みわたります」とのこと。

 また、通天閣の割引入場券と「タワーそば」のセットも同店で発売。通常より200円安く、通天閣と「タワーそば」を楽しむことができます。

 南海エフディサービスによると、「タワーそば」は「南海そば史上1番背の高いメニュー」だそうで、同社は「『タワーそば』をべて通天閣に上ったり、新世界界隈を練り歩きながら、大阪ミナミの世界をご体験ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント