日本唯一のアプト式とミステリートンネル体験会 大井川鐵道

大井川鐵道が日本で唯一の“アプト式鉄道”と、“ミステリートンネル”を体験できるイベントを実施します。

機関車の運転台と廃線跡散策

 大井川鐵道は2015年10月19日(月)、井川線のアプト式鉄道開業25周年を記念し、「ミステリートンネル&アプト式機関車体験教室」を開催すると発表しました。

151020 oigawa 01
レールのあいだにラックレールが設けられている“アプト式”と“ミステリートンネル”(写真提供:大井川鐵道)。

 2本のレールのあいだに設置された歯型レール(ラックレール)と、機関車の床下にある歯車(ラックホイール)を噛み合わせ、急坂を安全確実に登り降りする「アプト式」。日本では現在、大井川鐵道の井川線で唯一使われています。

 今回開催される体験教室では、普段は立ち入ることができないアプト式電気機関車の運転台に入ることが可能。また、かつて別ルートを通っていた井川線の、現在は使われていないふたつの“ミステリートンネル”を歩くこともできます。

 体験教室は11月1日(日)に開催。料金は大人4700円、子ども3000円(交通費・体験料・保険料含む)で定員は60人です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 「別ルート」ではなく、正確には『旧ルート』が正解でわ?

    井川ダムの建設で今までの一部ルートが湖水で埋没されることから、現在のアプト式ルートを作った訳ですよね?

    如何でしょうか。