CA全員ピンクのスカーフ 乳がん啓発「ピンクスカーフフライト」運航 JAL

JALが「ピンクスカーフフライト」を運航しました。乳がん検診を啓発する「ピンクリボン活動」に協賛したものです。

今年で10回目 機内販売に協賛賞品も

 JAL(日本航空)は2015年10月21日(水)、CA(客室乗務員)が制服のスカーフをピンク色に統一して乗務する「ピンクスカーフフライト」を運航しました。

 この特別フライトは、乳がんの正しい知識と早期発見の大切さを啓発する「ピンクリボン活動」に賛同する同社が、毎年10月に行われるそのキャンペーン月間に合わせて実施したもの。JALは2005年から、2008年を除いて毎年これを行っており、今年で10回目となります。

151021 jal 01
スカーフをピンク色に統一したJALのCAとグランドスタッフ(2015年10月21日、末吉史樹撮影)。

 今回の「ピンクスカーフフライト」は、羽田発10時15分の福岡行きJL313便で運航されました。当日、羽田空港の出発ロビーでは、ピンク色のスカーフを着用した同社のCAやグランドスタッフが勢揃い。乗客にピンクリボンバッジ付きの啓発カードを配布しながら、キャンペーンの趣旨を説明していました。

 JALはこのキャンペーンに合わせて、10月末まで機内販売において「ピンクリボン活動」の協賛商品を扱うとのこと。商品はクリスチャン・リボーの腕時計で、バンド部分がピンク色になっており、価格は6000円(税込)。収益の一部は乳がん患者団体に寄付されます。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 末吉史樹

小学校の校庭横をブルートレインが走り、上空をF4「ファントム」が飛ぶ環境で育つ。旅とグルメを愛し、各地の温泉やおいしい食べ物には目がない。

最新記事

コメント