『エヴァ』駅弁登場 内容は「鮭はらこめし」 そのもっともな理由とは

アニメ『エヴァンゲリオン』にちなんだ駅弁が登場します。その内容は「鮭のはらこめし」。なぜ『エヴァ』が「鮭のはらこめし」なのでしょうか。

『エヴァ』の重要なテーマを駅弁化

 2015年10月21日(水)、JR西日本と駅弁調整業者の淡路屋は、アニメ『エヴァンゲリオン』にちなんだオリジナル駅弁を販売すると発表しました。

151021 eva 01
11月7日から販売される『エヴァンゲリオン』にちなんだ駅弁。内容は現在、最終調整中とのこと(写真提供:JR西日本)。

 その内容は「鮭のはらこめし」。使徒の“コア”をいくらで表現しているほか、作品内で“親子関係”が重要な要素になっていることから、鮭の身と卵を使った「はらこめし」にしたといいます。

 JR西日本は今年2015年、山陽新幹線(新大阪~博多)が全線開業40周年を、またアニメ『エヴァンゲリオン』がTV放送開始から20周年を迎えたことを記念し、今秋から「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」を始動。11月7日(土)より、その内外装を『エヴァ』仕様にした新幹線「500 TYPE EVA」を運行します。

 この駅弁はそれに伴って登場するもので、陶器で作られた「500 TYPE EVA」を容器に採用。11月7日から新神戸駅、西明石駅の淡路屋店舗で販売されます。価格は1500円(税込)で、1日50個限定です。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 高い!
    小田急のVSE弁当は1000円だった