パリに駅弁店オープン フランスで売る駅弁の内容とは JR東日本・NRE

JR東日本グループが、パリのリヨン駅に日本の駅弁を販売する店舗をオープンさせます。フランスで、いったいどんな駅弁が販売されるのでしょうか。

海外における“駅弁の可能性”を検証

 JR東日本は2015年10月20日(火)、グループ会社の日本レストランエンタプライズ(NRE)がパリのリヨンに、日本の駅弁販売店「駅弁 EKIBEN」をオープンさせると発表しました。12月1日(火)から2016年1月31日(日)までの期間限定です。

リヨン駅ホール2内にオープンする「駅弁 EKIBEN」のイメージ。店舗面積は約16平方メートル(画像出典:JR東日本)。

 NREはこれまで、シンガポール、台湾で開かれたイベントで駅弁の催事販売を実施。今回は、海外における駅弁のさらなる可能性を検証するため、和人気が高いパリへの出店を決めたといいます。

 この店舗「駅弁 EKIBEN」では、フランスのシャロレー牛を使用した「パリ・リヨン弁当」や定番の「幕の内折詰弁当」など5種類を販売。また隣接するイベントスペースに、駅弁の歴史や魅力を紹介するパネルなどを展示し、日本の“駅弁文化”がアピールされる予定です。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント