世界初・段ボールチェックイン機 コスト以外にもメリット Peach

LCCのPeachが、世界で初めて外装に段ボールを用いた自動チェックイン機を導入しました。そこにはコスト以外のメリットもあるようです。

コスト以外にもある段ボールチェックイン機のメリット

 LCC(格安航空会社)のPeachは2015年10月23日(金)、外装の素材に段ボールを使用した、新しい自動チェックイン機を導入しました。同社によると、チェックイン機に段ボールを用いるのは世界で初めてとのこと。

 新チェックイン機は、建築家によるデザイン・ディレクションで開発され、従来15インチだったモニターが約2倍の32インチに大型化。段ボールを使用しているとは分からない洗練された外観の、斬新なチェックイン機になったと同社はいいます。

151023 peach 01
世界で初めて段ボールを使用したPeachの自動チェックイン機(写真提供:Peach)。

 外装に段ボールを採用したメリットして同社は、着せ替えが容易なことから、ブランドロゴや新商品のアイコンを掲載するなど、チェックイン機の「広告媒体化」が可能になったことを挙げます。

「端末ごとに絵柄を変えることもできるため、たとえば就航先で大きなお祭りがある際など、その就航先の空港の端末のみ絵柄を変えるなども可能になります」(Peach)

 また段ボールを使用することで、製造コストも同サイズのチェックイン機と比べ約5分の1で済むとのこと。軽量で、運搬や設置に要するコストが低減されるのもポイントです。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント