水戸岡デザインの新特急車「丹後の海」導入 丹鉄

京都府北部などを走る京都丹後鉄道が、「水戸岡デザイン」の特急車両を導入します。コンセプトは「海の京都」です。

「海の京都」をイメージ

 京都府北部などを走る京都丹後鉄道(丹鉄)は2015年10月30日(金)、水戸岡鋭治氏の設計・デザインによる新しい特急車両「丹後の海」について発表を行いました。

151030 tantetsu 01
水戸岡鋭治氏による「丹後の海」の外観デザイン(画像出典:京都丹後鉄道)。

 この「丹後の海」は、JR京都駅と京都府北部地域を結ぶ特急として運行予定。「海の京都」がイメージされ、外観は藍色メタリック仕上げに、金色のシンボルマークとロゴが配されます。車内は木材が多用され、「心と身体で心地よいと感じる和のテイスト」(水戸岡氏)でデザインされました。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント