超人気「ななつ星in九州」で応募倍率が低下 その理由は

高い料金が必要ながら人気も非常に高く、乗りたくても乗れないJR九州の豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」。しかしJR九州によると、現在行われているその第6期募集は「これまでに比べ当選しやすい」とのこと。申し込みのチャンスかもしれません。またなぜ今回、当選しやすくなっているのでしょうか。

33倍から暫定19倍に大幅低下

 JR九州クルーズトレイン「ななつ星in九州」は、2名1室利用の3泊4日コースで最低1人48万円(第6期)が必要な超豪華列車ですが、非常に高い人気を集めています。2014年12月~翌2月出発分の第5期募集では設定部屋数154部屋に対し5138件の応募があり、平均倍率は33倍にもなりました。

JR九州が2013年から運行を開始した豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」(2014年11月、恵 知仁撮影)。

 しかしJR九州によると、現在募集中である「ななつ星in九州」の第6期出発分については現在のところ、「これまでに比べ当選しやすくなっております」とのこと。第6期は2015年3月~9月出発分の募集で、2014年11月30日まで応募が可能。一度は乗りたいあこがれの列車へ、申し込むなら今がチャンスかもしれません。

 もっとも2014年11月27日にJR九州が発表したデータでは、第6期の設定部屋数は308部屋で、申込件数は5791件。平均倍率は19倍になっており、やはり狭き門だったりしますけれども。(応募件数と平均倍率は最終締切前である2014年11月26日到着分までの数字)。

 第6期の暫定19倍という、前回の33倍に比べ低くなった平均倍率。その理由としてJR九州は、第5期の募集は2014年12月~2月出発分、つまり3ヶ月分の154部屋で行われ、対し第6期は2015年3月~9月出発分、つまり6ヶ月分の308部屋で行われたこと、すなわち募集部屋数が前回と比べ2倍になっていることを挙げています。募集期間と部屋数が倍になっていながら、応募総数はそれほど変わらないため、平均倍率が33倍から42%減の19倍になっている、という形です。

【了】

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

この記事の写真一覧

  • 20141127_nanatsuboshi

関連記事

最新記事

コメント