長崎新幹線フリーゲージトレイン導入断念? 短時間に乗換連続の可能性も

九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)へのフリーゲージトレイン導入が断念されるという報道がありました。この車両の導入を前提としていた同新幹線、その未来はどうなってしまうのでしょうか。

まだ実用化されていないフリーゲージトレイン

 2015年10月27日、九州新幹線西九州ルートへのフリーゲージトレイン導入が断念される見通しだと、財界九州が報じました。それによると、当面は在来線特急と新幹線がリレーする方式になるといいます。

「長崎新幹線」などとも呼称される九州新幹線西九州ルートは、福岡市と長崎市を連絡するもの。そのうち武雄温泉(佐賀県)~長崎間については2012年に着工が認可され、建設が始まっています。同区間の開業予定は2022年です。

 博多~新鳥栖(佐賀県)間は、すでに開業している九州新幹線鹿児島ルートの線路を活用。そして新鳥栖~武雄温泉間には新幹線の線路を建設せず、在来線の長崎本線・佐世保線へ直通し、「新幹線~在来線~新幹線」という形で博多と長崎駅を結ぶ計画になっています。

 ただ通常、新幹線は1435mm、在来線は1067mmと線路の幅(軌間)が異なるため、このような新幹線と在来線の直通運転はできません。

 それを実現する方法のひとつが、在来線の軌間を新幹線と同じにしてしまうこと。「ミニ新幹線」と呼ばれる方式で、山形新幹線と秋田新幹線がこれです。

九州で走行試験を行っていたフリーゲージトレインの第三次試験車両(2014年11月、恵 知仁撮影)。

 しかし、九州新幹線西九州ルートで考えられているのはその方法ではなく、車両側で軌間に合わせ車輪の幅を変えることにより、直通運転を実現するもの。このように軌間(ゲージ)を変えられる車両を「軌間可変電車(フリーゲージトレイン)」といいます。

 鉄道・運輸機構らによって開発されているこのフリーゲージトレインは、まだ実用化されておらず、九州新幹線西九州ルートでの導入を目指し試験が行われていましたが、2014年11月に台車部分で問題が発生。以降、試験は中断されています。

 そうした状況のなか2015年10月27日、九州新幹線西九州ルートへの「フリーゲージトレイン導入断念」という報道が行われました。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

12件のコメント

  1. さっさとミニ新幹線にしとけば、いらん混乱をせんで済んだものを。「こまち」」だったら320キロ運転してるぞ。

  2. ま、軌間変換の装備一式を既に輸出してしまったので、1から作らなければならないだろうな。あっても老朽化していただろうが、、、。
    長崎「だけ」の新幹線だったら、貨物輸送を考慮しなくてもいい「ミニ」なら、「並行在来線問題」も気にしなくていい。

  3. 「敦賀ー親大阪」は、どのみち、フル規格(東海道のバックアップの名目がある)だろうから、FGTを投入しても、「二重投資」になる。ただし、他線区への配転を計算した場合は違う。「伯備」、「瀬戸大橋線」なら需要がある。

  4. やっぱり、三線軌条が現実的でしょう。JR東の協力を得て新鳥栖- 武雄温泉間は三線軌条にすれば、時間とコストを抑えることが出来るでしょう。
    又E6系「スーパーこまち」の技術をJR東から移転すれば、車両も2022年までに準備出来るでしょう。

  5. 長崎新幹線フリーゲージ導入には反対です。
    武雄温泉での乗り継ぎ形式が一番だと思います。
    つまり武雄温泉以南はフル規格で。武雄温泉から博多までは在来線で。

    フリーゲージのような特殊な規格は開業後の車両購入、設備維持、管理費が少なくとも5倍以上はかかるでしょう。スピード面でも費用対効果が少ない。車体重量・サイズがちがうため山陽区間も乗り入れができない。(山陽区間も設備の改修を要してしまう。負担費用の発生。)

    武雄温泉乗り継ぎ形式にすれば、部分開業区間も山陽九州新幹線と設備・車両性能を共通化できます。スピード技術、安全技術も確立されておりますし、維持管理費も適切になります。
    フリーゲージ導入・維持のためのお金のしわ寄せは料金値上げ等九州内の他の線区に波及する恐れもあります。

    規格共通化のメリットは想像以上に大きいのです。
    乗り継ぎ形式には新八代暫定開業時代のノウハウもあります。
    しばらくは乗り継ぎが続いても良いと思います。
    建設中の設備の能力は確立された技術で最大限に発揮・維持されるべきです。

    建設費ばかりで議論してはいけない。
    施設の有効活用、費用対効果、そして10年後20年後の将来も考えた議論が必要だと思います。

  6. 鉄道と道路は地域の動脈です。そのような大切なものを作るのになぜ最高のものを目指さないのでしょうか。途中の駅の一部の人の利益を守るために九州の隅の人がないがしろにされるのは許せません!フリーゲージ導入は反対です。フルゲージでなければ長崎新幹線なんていりません。これまでの倍以上の速度が出るものなのに時間が半分にならないなんて意味が無いものを作るだけ無駄です。九州の発展のため頑張っている方々を応援します。長崎県人も立ち上がって声を上げよう!「僕らがほしいのはフルゲージ」

  7. 長崎新幹線は全線フル規格で行くべきです。
    このための建設費なら決して無駄にはなりません。

    フリーゲージ導入には反対です。

    つぎ込んだお金がスピードアップに結びつかないからです。余計な費用がかかってしまう・・・。
    乗り入れ先にも設備・システム改修等の新たな負担を負わせます。

    車両も特殊で購入、維持費用もばかになりません。

    もう長崎県内に設備は作ってしまっています・・・。

    今の設備を「最大限に有効活用」できるのは「リレー方式」だと私は思います。

    在来線区間も、新幹線区間もきちんとした車両を入れてスピードアップし、
    「フリーゲージは不要」と言えるまでにした方が良いと思います。
    技術が確立されているので費用はかかりませんよ!

    フリーゲージの区間は将来必ずネックになります。

    そうならないためにも国、長崎県、佐賀県の役人のみなさんはフル規格の導入を決断してほしい。

    はじめは非難されるし、愚か者呼ばわりされるかもしれませんが、五年後、、十年後そして数十年後・百年後の未来にはきっと拍手喝采をあびるでしょう。

    「あって良かった」長崎新幹線を作ってください!

  8. フル規格?
    いらんわ。

    なんで判決もロクに守れないで、迷惑かけていけしゃーしゃーとしてる長崎人なんぞのために、
    佐賀が負担までして付きあわにゃならんよ。
    フリーゲージさえ蹴っ飛ばしたいくらいなのに

    今日の(佐賀)県議会見てたけど、まぁ今のところ、佐賀にその気は全くありません。
    ざまあ

  9. フリーゲージ導入はやめてほしいです。
    スピードアップとは関係のないところに一千億円近い費用が必要になるからです。
    重たく小さくシステムも特殊な車両が乗り入れる他の区間に迷惑をかけるからです。
    その費用の一部は私たちの血税なんですよ!

    佐賀県は目先の事に意識を奪われていています。
    技術・安全が確立されていないフリーゲージを当初佐賀県に持ち掛けた役人もそうです。

    新幹線の本来の目的は速達効果による時間の短縮でしょう。
    佐賀県の負担分は将来のフル規格建設のための貯金とすべきです。
    速達効果が少ないフリーゲージに対して負担すべきではないでしょう。

    国、佐賀県、長崎県は将来に向けた戦略的な思考を持ってほしい。
    対立するのではなく、将来を一緒に真剣に考えてほしい。

    しばらくはリレー方式でよいと思います。期間は長引いてもいいです。

    リレー方式の区間は山陽九州新幹線と同じ規格の車両を導入して建設された設備を最大限生かしてほしい!
    すでにある規格なので技術も確立されているしメンテナンスもしやすい!
    博多長崎 1時間26分・・・私は期待しています!

  10. リレー方式賛成です。

    長引いてもいいように武雄温泉から南の新幹線の区間には
    さくら、のぞみ規格のしっかりとした新幹線を
    走らせてください。

    博多武雄温泉はかもめ885系にがんばってもらいましょう!

    フリーゲージは不要です。スピードアップ以外のところで余計なお金を使ってしまうので。

  11. 線形を向上させたミニ新幹線を建設するのが、一番効果的な方法ではないでしょうか。フリーゲージは、長崎新幹線を研究開発の実験場にしているだけという気がします。「山形新幹線」も、フルの東北新幹線が延伸し、北海道まで繋がったのをみて、フルの方がよかったという意見もあるようですが、山形県内にたくさんの「新幹線駅」ができて多くのひとに新幹線の恩恵を与えることができました。長崎は、博多から近すぎることが、フルが適さない理由のひとつです。日本は、あっという間に人口減が進んでいきます。少しでも、早く、効果的な鉄道建設をしないと手遅れになってしまいと思います。

  12. 長崎新幹線のフリーゲージトレイン いつまでも技術的な解決ができないまま歳月は流れ開発費とはおよそむすびつかない無駄が累積されているだけ 速やかに方針転換も視野に入れ フリーゲージトレイン方式をあきらめ ミニ新幹線方式を支持します。 今 決断しないと どんな計画も無に帰すことになりかねません。日本は少子高齢化が進行していることを計画の第一に考えるべきです。 早く完成させ、利用してもらうことが 最重要と思います。これは希望的意見ではなく 日本の近未来を憂うものです。