【今日は何の日?】占領軍のミスで日田彦山線のトンネル大爆発

11月12日、占領軍のミスで日田彦山線のトンネルが大爆発しました。

 1945(昭和20)年の11月12日。日田彦山線の二又トンネル(福岡県添田町)が爆発して山全体が吹き飛ばされ、死者・負傷者ともおよそ150人という大惨事が起きました。

151112 hitahikosan 01
北九州市の城野駅と大分県日田市の夜明駅を結ぶ日田彦山線(2015年4月、恵 知仁撮影)。

 当時まだ、日田彦山線は彦山~宝珠山間が開通していませんでした。二又トンネルは、その未開通区間に存在したトンネルです。1944(昭和19)年、火薬庫を探していた日本陸軍が、完成していたものの開業していなかった二又トンネルに目を付け、そこに火薬を搬入します。

 そして終戦を経て1945年11月、占領軍は二又トンネルに保管されていた火薬の処分を行いますが、アメリカ軍少尉による措置が不適切で、火薬が大爆発。二又トンネルが掘られていた山全体が吹き飛び、その土砂が周辺地域に降り注いだほか、爆風によって民家も吹き飛ばされるなど、甚大な被害が出てしまいました。

 現在の日田彦山線は、この事故によって山ではなくなった場所を走っています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 占領軍による犯罪行為を「ミス」の一言で片付け、死者にも触れていないこの記事は何なのでしょうか。編集部の良識や見識を疑います。

    • 同感です。
      Wikipediaで初めて知ったのですが、かなりショッキングな事件だと思いました。