地下鉄内で通過駅多数 嵐山へ直通特急 大阪市交通局

通常は全列車が全駅に停車する地下鉄堺筋線。同線でいくつもの駅を通過し、京都・嵐山へ向かう臨時特急が走ります。

宝塚、神戸からも

 大阪市交通局は2015年11月11日(水)、通常は全列車が全駅に停車している地下鉄堺筋線内で、多くの駅を通過。阪急線に直通し、京都の嵐山駅へ向かう特急列車を運行すると発表しました。

151112 arashiyama 01
直通特急は天下茶屋~嵐山間を乗り換えなし、約1時間で結ぶ(2012年4月、恵 知仁撮影)。

 同局では例年、秋の行楽シーズンに合わせて、紅葉などで知られる嵐山へ直通の臨時列車を運行を運行しており、今年の運転日は11月14日(土)と15日(日)、21日(土)、22日(日)、23日(月・祝)、28日(土)、29日(日)です。

 運転区間は天下茶屋~嵐山間。天下茶屋駅発10時15分、嵐山駅発16時57分の1日1往復が走ります。途中の停車駅は日本橋、天神橋筋六丁目、淡路、桂、上桂、松尾大社です。堺筋線内は7駅を通過し、日本橋と天神橋筋六丁目の2駅にしか停車しません。編成は6両です。

 また、秋の行楽シーズンに合わせ阪急電鉄では嵐山駅へ向けて多くの臨時列車を運転する予定で、地下鉄堺筋線の天下茶屋駅始発のほか、阪急今津線経由での宝塚駅始発、高速神戸駅始発、河原町駅始発の直通臨時列車も運行されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント