元は撮り鉄用語 「バリ鉄」が持つ別の意味

「バリ鉄」と呼ばれる鉄道ファンが、電車の備品を盗んで逮捕される事件がありました。この「バリ鉄」という単語について、各メディアでは「熱心な鉄道ファン」などと説明されていますが、本来は別の意味合いが強いものでした。

「乗り鉄」や「撮り鉄」とは別

 2015年3月24日(火)、「バリ鉄」と呼ばれる少年が電車の備品を盗み、逮捕されたと各メディアが報じました。そのなかで「バリ鉄」という単語について、「特に知識が豊富な」「熱心な」鉄道ファンを意味する言葉として説明されていることが多いようです。

 しかし鉄道ファンの世界において「バリ鉄」という単語は、それ以外にも意味や背景、使い方があります。

 まず鉄道ファンには、列車に乗るのが好きな「乗り鉄」や撮影が好きな「撮り鉄」、模型が好きな「模型鉄」、発車メロディなどが好きな「音鉄」、コレクションが好きな「収集鉄」など、様々なジャンルとその呼び方があります。しかし「バリ鉄」というのは、それらとはタイプの違う言葉です。

 「バリ鉄」の「バリ」は「バリバリ」が語源で、「勢いが盛んで活動的な・こと(さま)。また、そのような人」(大辞林 第三版)という意味の通り、様々なジャンルの鉄道ファン活動に対し特に熱心な人を指します。

 ただそれは、「広義では」と付け加えることができるかもしれません。

この記事の写真一覧

  • 20150324_baritestu_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント