空中70.6mで富士山望む 長さ日本一の吊り橋、12月オープン

空中70.6mから富士山を望める長さ日本一という吊り橋が、静岡県三島市に誕生します。

アクセスは沼津ICから約15分

 静岡県三島市に2015年12月14日(月)、歩行者専用の吊り橋「箱根西麓・三島大吊橋(愛称・三島スカイウォーク)」がオープンします。

「三島スカイウォーク」は高さ70.6m。橋上からは、富士山の雄大な景色や駿河湾、伊豆の山並みが一望できるといいます。歩道幅は、車いすがすれ違えるよう1.6mを確保。橋を建設したフジコーによると全長は400mで、人道吊り橋としては日本一の長さとのこと。

151119 bridge 01
富士山の絶景が楽しめる「三島スカイウォーク」(写真出典:フジコー)。

 橋には展望デッキや、軽食を提供するショップも併設。入場料金は大人1000円・中高生500円・小学生200円です。

「三島スカイウォーク」へのアクセスは、箱根新道の箱根峠ICから車で約10分、東名高速道路の沼津ICから約15分。フジコーは「地域の新たなシンボルとして三島の魅力を全国へ発信していくことができるよう、地域の皆さまと共に歩んでまいりたいと思っております」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント