二輪車用の運転支援システム ボッシュが世界で初めて開発

ドイツの自動車部品大手ボッシュが、世界初となる二輪車用の運転支援システムを開発しました。

ライダーの死角を監視

 ドイツの自動車部品大手ボッシュは2015年11月24日(火)、世界初となるバイク向けの運転支援システムを開発したと発表しました。

 今回発表された「サイドビューアシスト」というシステムは、4つの超音波センサーで車両の両側を最大5m先まで監視。ライダーから見えにくい、あるいは見えない位置にほかの車両がいる場合は、ミラー近くの視覚信号で警告を発します。システムが車両の挙動に影響を及ぼすことはありません。

「サイドビューアシスト」のイメージ(画像出典:ボッシュ)。

 なお「サイドビューアシスト」は車線変更などの際に、同じ方向に進んでいる他車との衝突を回避できるよう支援するもの。頻繁で意味のない警告を避けるため、対向車と認識した場合は警告を発しないように工夫されています。

 このシステムは25~80km/hで走行しているときに作動し、ボッシュは「特に渋滞など、頻繁な車線変更が必要となる市街地で安全性の向上に大きく寄与します」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント