大阪駅と台湾・台北駅、姉妹駅協定を締結 JR西日本

JR西日本の大阪駅が、台湾の台北駅と姉妹協定を結びます。

近年増えている日台の姉妹協定

 JR西日本は2015年12月1日(火)、大阪と台湾鉄路管理局(台鉄)の台北駅が姉妹駅協定を締結すると発表しました。

JR大阪駅と姉妹駅協定を結ぶ台湾鉄路管理局の台北駅(2014年11月、恵 知仁撮影)。

 同社は様々な分野で台湾鉄路管理局と交流を図ってきたといい、それを今後も進めていくうえで、友好の象徴として姉妹駅協定を締結することにしたとのこと。12月4日(金)には台北駅で締結式が実施されます。

 日本と台湾の鉄道による姉妹協定は近年増加しており、JR東京駅と台鉄の新竹駅、JR松山駅と台鉄の松山駅といった姉妹駅の例があるほか、京急電鉄や西武鉄道、山陽電鉄などが台湾の鉄道と姉妹協定を結んでいます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント