【今日は何の日?】重岡宗太郎、生まれる

12月15日、重岡宗太郎が生まれました。

 1923(大正12)年の12月15日。「重岡宗太郎」が生まれました。

 鉄道ファンのあいだでは、隣り合う駅を組み合わせて人名のようにする“遊び”があります。その最も有名と思われる例のひとつが、この「重岡宗太郎」です。

151215 sotaro 01
大分・宮崎県境付近に居を構える「重岡宗太郎」(地図出典:国土地理院)。

 その日、日豊本線の重岡駅(大分県佐伯市)と市棚駅(宮崎県延岡市)のあいだが開業。両駅間に宗太郎信号場(佐伯市)が設けられ、「重岡宗太郎」が生まれています(1947(昭和22)年、宗太郎信号場は宗太郎駅へ昇格)。

 このように、隣り合う駅同士を組み合わせると人名のようになる例としては、「森田春江」(北陸本線・福井県)、「国分隼人」(日豊本線・鹿児島県)、萩 玉江(山陰本線・山口県)、「山瀬 学」(徳島線・徳島県)、「植田 泉」(常磐線・福島県)などが挙げられます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント