ダイヤグラムを販売 一畑電車

島根県の一畑電車が「列車運行図表」を販売。「ダイヤグラム」とも呼ばれる、各列車の動きが一目で分かる表です。

列車の運行を視覚的に把握可能

 一畑電車(島根県出雲市)が2015年12月30日(水)から、「列車運行図表」を販売します。

ダイヤグラム」とも呼ばれるもので、縦軸は路線の各と駅間の距離を、横軸は時間を表します。列車はそこに線で示されており、各列車の追い越し・行き違いなどを視覚的に把握することが可能です。

一畑電車の「列車運行図表(ダイヤグラム)」。列車が線で示されている(写真出典:一畑電車)。

 用意される「列車運行図表」は平日用・休日用の2種類で、価格はいずれも520円(税込)。出雲大社前・松江しんじ湖温泉駅の売店、また雲州平田・電鉄出雲市駅で販売されます。

 サイズは縦210mm、横770mmで、一畑電車は「白黒印刷ですのでご購入者がご自分で色を入れる等自由に使えるようになっています。写真撮影や時刻表代わりに。また、一畑電車ご乗車記念のおみやげにもいかがでしょうか」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 新年、明けましておめでとうございます。2016年、よろしくお願いいたします。

    それはそうとこれ、「現行」のダイヤグラムでしょ?それを売りに出すとは…。一畑さん、流石ですm(__)m。

    これ、大手私鉄でもやってくれると良いんですがね…。

    「たかがダイヤグラムのデータなんぞ…」と言うけれど、その「たかが」では済まない価値があるからこそ、と僕は思います。