【今日は何の日?】平成11年1月11日11時11分11秒に路線開業

平成11年1月11日11時11分11秒、路線の出発式が行われました。

 1999(平成11)年の1月11日。岡山県総社市の総社駅と広島県福山市の神辺駅を結ぶ井原鉄道が開業しました。その日にちなみ、営業列車の出発式は平成11年1月11日11時11分11秒に実施されています。

 この井原鉄道は、国鉄時代の1966(昭和41)年に建設が始まったものの、国鉄再建法によって建設が凍結された井原線を、地元が引き受ける形で誕生した第三セクター鉄道です。「井原」は「いばら」と読みます。

160111 ibara 01
井原鉄道のIRT355形ディーゼルカー。「IRT」は「Ibara Railway Train」、「355」はその出力にちなむ(2010年5月、恵 知仁撮影)。

 井原鉄道線は先述の通り総社~神辺間41.7kmを結びますが、うち総社~清音間の3.4kmはJR西日本・伯備線と線路を共用しているのが特徴のひとつです。一見、「直通運転」のようにも見えますが「共用」であり、JR伯備線の線路を走っていても列車は井原鉄道としての営業であるため、「青春18きっぷ」などで総社~清音間において、井原鉄道の列車に乗ることはできません。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント