駅発車メロディに『銀河鉄道999』導入 「スリー・ナイン」の日に 山陽新幹線

山陽新幹線の主要5駅で流れる「発車予告音」が、『銀河鉄道999』になります。

山陽新幹線の主要5駅に

 JR西日本は2016年2月9日(火)、ロックバンド「ゴダイゴ」が1979(昭和54)年、アニメ映画『銀河鉄道999』の主題歌として発表した楽曲『銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999)』を、山陽新幹線の「発車予告音」に導入することを明らかにしました。

「鉄道にゆかりのある曲として幅広い世代に愛され、『旅立ちの時』を想起する曲であるとともに、『力強い鉄道』『夢のある鉄道』『未来につながる鉄道』を想起する曲として、選曲しました」(JR西日本)

 山陽新幹線の各駅ホームでは現在、列車の入線を知らせる「入線警告音」と、ドアが閉まり発車することを知らせる「発車予告音」が使われています。しかし両方とも同じブザー音であることから、「発車予告音」にこの『銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999)』を導入することで音を区別。列車の入線、発車をわかりやすくし、ホーム上の注意喚起効果を高める目的があるといいます。

160209 sanyo 01
現在も山陽新幹線で「こだま」として活躍する、日本で初めて300km/h運転を実現した500系(2011年11月、恵 知仁撮影)。

『銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999)』が採用されるのは山陽新幹線の主要5駅、新神戸・岡山・広島・小倉・博多です。2015年3月10日に始まった「山陽新幹線全線開業40周年キャンペーン」のグランドフィナーレとして、その最終日にあたる2016年3月9日、「スリー・ナイン」の日から使用が開始されます。

「さまざまな想いをお持ちになり、それぞれの行先地に向かわれるお客様に、『旅立ちの時』をお知らせする音色として、活用してまいります」(JR西日本)

 山陽新幹線は、1972(昭和47)年3月15日に新大阪~岡山間から営業を開始し、1975(昭和50)年3月10日に博多駅まで延伸。2015年、新大阪~博多間の全線開業40周年を迎えています。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 銀河鉄道999というとゴダイゴという風潮が許せない。
    やはりささきいさお氏の唄うTV版主題歌が至高。

  2. あの発車ベルが、岡山駅で聞けなくなるなんて思わなかった