車内につるし雛 角館雛めぐりに合わせ「秋田内陸線おひな様列車」運行

秋田内陸縦貫鉄道で、「角館雛めぐり」の開催に合わせて「秋田内陸線おひな様列車」が運行されます。

先着でひなあられも

 秋田内陸縦貫鉄道が2016年2月20日(土)から3月3日(木)まで、「秋田内陸線おひな様列車」を運行します。

 同日より開催される「角館雛めぐり」に合わせて実施されるもので、車内に沿線のお母さんたちが手作りしたという「つるし雛」などを展示。乗車記念に、先着でひなあられがプレゼントされます。

「秋田内陸線おひな様列車」になるのは、阿仁合駅9時23分発の急行「もりよし1号」と、角館駅12時02分発の急行「もりよし2号」、鷹巣駅14時37分発の急行「もりよし3号」です。

160216 akita 01
急行「もりよし」に使用されるAN8900形ディーゼルカー(写真出典:秋田内陸縦貫鉄道)。

 同社によると、土日祝日に出かける場合は「ホリデーフリーきっぷ」がお得とのこと。通常、同線で鷹巣~角館間の全線を乗車すると片道1670円ですが、「ホリデーフリーきっぷ全線タイプ」は急行にも乗車でき、大人2000円(小人1000円)です。

 また2月20日(土)は、「スノーキャンドルストリート in あに」の開催に伴い、阿仁合駅19時57分発の鷹巣駅行き各駅停車が臨時運転されます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント