くまモン電車、首都圏初登場 熊本と京急、赤い共通点

京急に、首都圏で初となる「くまモンデザイン」の列車が登場します。

「熊本城おもてなし武将隊」も

 京急電鉄は2016年2月16日(火)、首都圏で初となる「くまモンデザイン電車」を運行すると発表しました。

 主に快特や「ウィング号」で使用されている2100形電車1編成を「くまもと号」とし、熊本県の“営業部長”兼“しあわせ部長”である「くまモン」と、熊本市の「熊本城おもてなし武将隊」を外装へデザイン。車内では熊本の食や文化、自然、観光地などについてPRを行うものです。

160219 keikyu 01
首都圏で初めて運行される「くまモンデザイン電車」(画像出典:京急)。

 同社によると、阿蘇の「あか牛」や生産量日本一のトマト、スイカなど赤くて美味しい食材が豊富な熊本と、日本各地へ繋がっている羽田空港へのアクセスを担う“赤い電車”の京急がコラボレーションした「京急くまもとキャンペーン」の一環で運行するとのこと。「京急線内を駆け抜ける『くまもと号』を見て、乗ってお楽しみください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. くまモン、ついに東京進出か❗あの京急が痛電車とは❗熊本県、やる気マンマンやな。