雲海目指す夜行特急ツアー、第3弾を実施 星空鑑賞も 西武

西武鉄道が、現在では数少なくなった夜行列車を運行。それに乗って三峯神社の雲海を目指すツアーを実施します。今回は星空鑑賞なども新たに楽しむことが可能です。

三峯神社で「スターパーティ」

 西武鉄道は2016年2月24日(水)、夜行列車で雲海鑑賞を目指す「ヱビスビール&黒ラベル飲み比べ 夜行特急で行く秩父絶景ツアー」を4月29日(金・祝)に実施すると発表しました。

 都心の池袋駅を深夜に夜行特急で出発し、三峯神社(埼玉県秩父市)で夜明けの雲海を鑑賞するというツアーで、これまで2015年8月と11月に実施。好評だったことから、第3弾を行うといいます。

160226 seibu 01
池袋始発の夜行特急に乗車、深夜の西武秩父駅で貸切バスに乗り換えて三峯神社を目指す(2015年8月、恵知仁撮影)。

 今回の第3弾は、新たに星空鑑賞を楽しめるのが大きなポイントです。天体望遠鏡のシェア国内トップのビクセンによる「スターパーティ」を開催。解説を聞きながら、ビール片手に満点の星空を楽しめるとのこと。このツアーには西武線の駅ナカコンビニ「TOMONY」の対象店舗で使用できる「ヱビスビール350ml」「黒ラベル350ml」各1本の商品引換券が付きます。

 また今回は、夜行特急と貸切バスへの「女性専用エリア」導入、昭文社のガイドブック『ことりっぷ ちちぶ』の小冊子プレゼントが予定されているほか、「TOMONY」で使用できる500円のお買い物券が付属。三峯神社で雲海を鑑賞したのち、解散場所が秩父の春の絶景「芝桜」を楽しめる羊山公園付近というのもポイントです。

 旅行代金は池袋駅発が8300円(税込)、石神井公園駅とひばりヶ丘駅、所沢駅発が8000円(税込)。池袋駅発分はウェブサイトで、2月24日(水)から申込みの受付が行われています。それ以外の各駅発分は3月7日(月)10時から、ひばりヶ丘駅の観光案内所で受付開始です。

 ただ雲海や星空、芝桜の鑑賞は気象条件などに左右されるため、必ず楽しめるわけではありません。ちなみにこのツアーが実施される4月、三峯神社における雲海発生率は43.3%で、年間を通しても高い確率になっています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント