「西武 旅するレストラン 52席の至福」来春運行開始 全席で食事可

西武鉄道が来春から「西武 旅するレストラン 52席の至福」を運行。埼玉の自然が内外装にイメージされた車両、その全席で食事を楽しむことができます。

52席すべてで事が楽しめる

 西武鉄道は2015年12月17日(木)、来年春に運行を始める新しい観光列車の概要を発表しました。

 愛称は「西武 するレストラン 52席の至福」で、2016年4月17日(日)から臨時列車として土休日を中心に年間100日程度の運行。区間は池袋~西武秩父間、西武新宿~西武秩父間、西武新宿~本川越間などが予定されています。

「西武 旅するレストラン 52席の至福」の内装イメージ(画像出典:西武鉄道)。

「西武 旅するレストラン 52席の至福」は4000系という、主に飯能~西武秩父間で運行されている電車を改造した4両編成で、その名の通り定員は52人です。2・4号車はオープンダイニング、3号車は厨房とオープンキッチンスペースとされ、すべての座席で食事が楽しめるといいます。

 車内のインテリアは、渓谷などの自然がモチーフ。客室とデッキの仕切り(2号車・4号車)には秩父地方の伝統的な織物である「秩父銘仙」を使用しているほか、2号車の天井には「柿渋和紙」が、4号車の天井には埼玉県産の銘木である「西川材」があしらわれます。

 食事内容について西武鉄道は「新しい食と旅のスタイルを優雅に楽しんで頂ける内容を予定しています」としており、その詳細は今後、専用ウェブサイトで公表される予定です。

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント