車内を桜で装飾 「都電さくら号」18日から運転 東京都交通局

都電荒川線に、桜の時期らしい電車が登場します。

昭和初期をイメージした電車を使用

 東京都交通局は2016年3月3日(木)、車内を桜のステッカーや造花で装飾した「都電さくら号」を運転すると発表しました。

 早稲田停留場(新宿区)と三ノ輪橋停留場(荒川区)を結ぶ都電荒川線で、3月18日(金)から4月14日(木)までの運行。使用されるのは9002号(9000形電車)という、昭和初期の東京市電がイメージされた青いレトロ車両です。

160303 toden 01
青いレトロ車両9002号と、昨年における車内装飾の様子(写真出典:東京都交通局)。

「都電さくら号」の運行状況について、パソコンやスマートフォンから「都電運行情報サービス」で調べることが可能。東京都交通局は「春満載の都電に乗車し、沿線のお花見スポットを巡ってみてはいかがでしょうか」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント