線路脇にセンサーとパトライト 「獣害」対策で JR西日本

鉄道会社を悩ませる「獣害」。その新たな対策を、JR西日本が実施します。

線路侵入をセンサーで検知

 JR西日本は2016年3月9日(水)、鹿をはじめとする動物と列車の衝突を減らすため、「鹿検知通報装置」を設置すると発表しました。

160315 deer 01
JR西日本が山陰本線に導入する「鹿検知通報装置」の概要(画像出典:JR西日本)。

 鹿などの動物と衝突して列車が遅れる「獣害」は、鉄道会社にとっての悩みの種。JR西日本も、線路へライオンのフンを撒くことで鹿を遠ざける、「鹿侵入防止柵」を整備するといった対策を行ってきました。

 そうしたなかこのたび設けられる「鹿検知通報装置」は、線路脇にセンサーとパトライト(警報灯)を設置。鹿などの侵入を検知するとパトライトが点灯し、それを確認した乗務員が列車の速度を落して運転することにより動物との衝突を回避する、というものです。

 設置場所は山陰本線の京都府福知山市内(福知山~上川口間)と、兵庫県朝来市内(和田山~養父間)の2カ所。3月16日(水)以降に使用開始の予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント