京都鉄道博物館、制服に「花鳥風月」「折り紙」の要素

2016年4月に開館する「京都鉄道博物館」の制服が発表されました。「花鳥風月」をデザインエッセンスに取り入れ、「京都らしさ」を表現したといいます。

SLの車掌をイメージした制服も

 JR西日本は3月17日(木)、「京都鉄道博物館」(京都市下京区)の制服を発表しました。

160317 kyotoseifuku 01
「京都らしさ」を表現したという「京都鉄道博物館」の制服(写真出典:JR西日本)。

 同社によると、制服のデザインコンセプトは「『地域と歩む鉄道文化拠点』に相応しい、『地域とのつながり』と『迎え入れる』こと」。デザインエッセンスに「花鳥風月」を取り入れ、「若草色」「鶯色」「緋色」「栗茶」など京都の四季や自然を感じる色合いや、日本伝統の遊び「折り紙」の技法を用いるなど、「京都らしさ」を表現しているそうです。

 また、「SLスチーム号」乗り場係員の制服については、SLの車掌をイメージし、子どもにとって親しみやすいようにデザインしたとのこと。

「京都鉄道博物館」は2015年8月末に閉館した「梅小路蒸気機関車館」を発展させる形で、2016年4月29日(金・祝)に同地でグランドオープンする予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント