消防車にも救急車にも見えるラッピング電車を運行 叡電

叡山電鉄が、向きによって消防車にも救急車にも見える「えいでんまとい号」の運行を開始しました。

片側は「赤」、その反対側は「白」

 京都市内を走る叡山電鉄が、消防車と救急車のデザインを施した「えいでんまとい号」を2016年3月18日(金)より運行しています。

160322 matoi 01
700系電車(712号車)に消防車と救急車のデザインをラッピングした「えいでんまとい号」(画像出典:叡山電鉄)。

 デザインが車両の左右、前後で異なっており、向きによって消防車にも救急車にも見えるのが特徴です。

 叡山電鉄は「左京区を縦断する鉄道として火災予防の呼びかけに協力することにより、左京区域の防火意識の高揚に寄与し、安全安心なまちづくりの一助になれば」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント