駅に無料テーブル、コンセントのワークスペース設置 東京メトロ

東京メトロが駅構内に、テーブルやコンセント、Wi-Fiを無料で使えるスペースを設置します。

異なる4タイプを3月30日から順次設置

 東京メトロは2016年3月29日(火)、表参道・溜池山王・銀座の駅構内に「エキナカワークスペース」を試験設置すると発表しました。

 同社は「東京で働くビジネスパーソンのお客様に当社ご利用時の移動時間をより便利で快適にご利用いただくため」設置するといい、そうした乗客の多い今回の3駅を選定。Wi-Fi環境や小さなテーブル、コンセントなどを備えた、誰でも使える簡易的な“仕事場”が、それぞれ異なったタイプで用意されます。

160329 metrowork 01
東京メトロの駅構内に試験設置される「エキナカワークスペース」(画像出典:東京メトロ)

 表参道駅は、銀座線浅草方面・半蔵門線押上方面のホームに、立ち席といす席の2タイプをあわせて15席設置(コンセントなし)。溜池山王駅は、銀座線ホームに3席、改札口付近に4席、コンセントのある立ち席を設置。どちらも不燃加工を施した木材を使用し、暖かみを感じられるデザインにしたそうです。

 銀座駅は定期券売り場内に、コンセント付きのいす席を6席設置。どのワークスペースでも、Wi-Fi環境が整備されます。

 開設日は、表参道駅が3月30日(水)、溜池山王駅が3月31日(木)、銀座駅が4月下旬。2016年12月まで、効果の検証が行われる予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント