南北線9000系、ホームドア意識したデザインに 東京メトロ

東京メトロが、南北線の9000系電車(1次車)について内外装をリニューアル。ホームドア越しでも南北線だと認識しやすいデザインに変更されます。

全車両にフリースペース設置

 東京メトロは2016年3月29日(火)、南北線を走る9000系電車をリニューアルし、8月中旬から順次運行を開始すると発表しました。

 対象は9000系電車のうち、運行開始から24年が経過している1次車(01~08編成)で、内装や搭載機器などを更新します。

 具体的には、車内の端にある4人がけのボックスシートを撤去して、向きがレールと平行のロングシートや、車いすやベビーカーの人が利用しやすいフリースペースに変更。現在は1編成あたり2カ所しかないフリースペースが、リニューアルにより6カ所(1両に1カ所)へ増えます。

 また、荷物や人が座っている人に触れないよう、座席横の仕切りを大きくします。

160329 metronanboku9000 01
南北線のラインカラー「エメラルドグリーン」の帯が上部にも追加された、リニューアル後の9000系電車(写真出典:東京メトロ)。

 外観も、柔らかさと躍動感を感じてもらえるよう、エメラルドグリーンの帯を波の形に変更。さらに、車体下半分を隠してしまうハーフハイトタイプのホームドア越しでも南北線の電車だと認識しやすくするため、車体上部にも帯が追加されました。

 このほか、駆動系の制御装置に効率の高い「フルSiC素子」を採用し、車内の照明や冷暖房などに使う電気をつくる補助電源装置(SIV)に「並列同期/休止運転方式」を導入するなど、省エネルギー化による環境負荷の低減が図られます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 南北線は「09系」に代替されないの?