「鹿避け笛」北海道の全車に搭載 ニッポンレンタカー

ニッポンレンタカーが、鹿との接触事故を防ぐため「鹿避け笛」を北海道の全車に搭載します。

車の損傷が激しい鹿との接触事故

 ニッポンレンタカーは2016年4月4日(月)、グループ会社であるニッポンレンタカー北海道の全車に「鹿避け笛」を搭載すると発表しました。利用に際しての申込みは不要で、利用料も無料。春の大型連休前までに保有車両約4400台(最盛期台数)への搭載を目指すほか、春以降に導入される新車には納車と同時に搭載されます。

160405 shikayokebue 01
「鹿避け笛」が搭載されたレンタカーにはステッカーが貼られる(画像出典:ニッポンレンタカー)。

 鹿との接触事故は車の損傷が激しく、場合によっては重大事故につながる可能性もあるとのこと。年間30件ほど起きており、過去の多い時期には月10件発生したこともあったといいます。そこで撲滅策として、2015年4月から約350台に「鹿避け笛」を試験導入。検証期間の発生件数が減少したことから接触事故の撲滅につながると判断したそうです。

 同社は「鹿との接触事故が1パーセントでも低くなればと願いを込めサービスを展開」するとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント