全身接触より10秒短縮 空港のボディスキャナー検査2016年度から導入

ボディスキャナー検査の運用評価試験が国内の3空港で実施されました。この結果を受けて、2016年度から全国の主要空港に順次導入されます。

全国の主要空港に設置へ

 国土交通省は2016年3月29日(火)、空港の保安検査で導入が予定されているボディスキャナーについて、運用評価試験の結果を発表しました。

 この試験は、関空・成田・羽田の3空港で、2015年の10月から12月にかけて実施。空港や期間ごとに、異なる4タイプのボディスキャナーを使い、計1万7765人の搭乗客に検査を受けてもらいました。

160406 bodyscanner 01
今回の運用評価試験で使われた米国製・ドイツ製のボディスキャナー(画像出典:国土交通省)。

 結果、検査に要した時間は平均およそ80秒で、現在行われている全身の接触検査(門型金属探知機に入ってから接触検査が終了するまで)に比べ約10秒短縮しました。ただし、ボディスキャナー検査は、ほとんどの人にとって初めてで説明に時間を要したことから、今後は検査の受け方について周知を工夫するとしています。

 また、搭乗客計2509人が協力したアンケートでは、ボディスキャナー検査全般について「満足」「おおむね満足」と回答した人が70%、今後について「積極的に」「どちらかといえば」導入と答えた人が73%でした。

 国土交通省は以上の結果を踏まえ、2016年度から全国の主要空港へボディスキャナーを順次、導入していくとしています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント