東海道本線で臨時急行、日本最大級の鉄道イベントにあわせ運転 JR東海

日本最大級とされる鉄道イベントのひとつ「グランシップトレインフェスタ」の開催にあわせ、JR東海が臨時急行「トレインフェスタ号」を東海道本線で運転します。

車内ではポストカードのプレゼントも

 5月14日(土)と15日(日)の2日間、JR東海道本線で静岡から1駅の東静岡駅付近にある静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」で、日本最大級とされる鉄道イベントのひとつ「グランシップ トレインフェスタ」が開催されます。

 これにあわせJR東海は2016年4月12日(火)、臨時急行「トレインフェスタ号」を運転すると発表しました。イベント開催日と同じ5月14日と15日、熱海~静岡間と浜松~東静岡間の2区間で運転されます。

「トレインフェスタ1号」は熱海発8時37分、東静岡着9時38分、静岡着9時46分。「4号」は静岡発14時28分、東静岡発14時31分、熱海着15時44分で運転。ほかの停車駅は、三島・沼津・吉原・富士駅です。

「2号」は浜松発9時20分、東静岡着10時32分。「3号」は東静岡発14時49分、浜松着15時58分で運転。途中、掛川・金谷・静岡駅にも停車します。

「トレインフェスタ号」に乗車するともらえる「トレインポストカード」のイメージ(画像出典:JR東海)。

 乗車時には「トレインポストカード」5枚セットがプレゼントされます。トレインフェスタに参加する静岡県内の鉄道事業者の車両などをデザインした全13種類のカードで、往復での配布分、会場でのブース配布分とでそれぞれ異なるとのこと。

 車両は特急の「ワイドビューふじかわ」や「ワイドビュー伊那路」などと同じ373系電車3両を使用し、専用ヘッドマークも掲出されます。

 乗車には乗車券と急行券、指定席券を購入する方法のほか、JR東海ツアーズが発売しているツアー「2016グランシップ トレインフェスタと静岡ホビーショー日帰りプラン」を利用する方法もあります。急行「トレインフェスタ号」往復乗車のほか、「トレインフェスタ」とプラモデルやラジコン、鉄道模型などの見本市「静岡ホビーショー」の両会場などを結ぶ循環バスの乗車券3枚、駅弁の引換券(税込1000円分)がセットになったツアーです。

 JR東海によると、東静岡駅に急行列車が停車するのは同駅開業以来初。「トレインフェスタ号」については「会場へのお出かけに、ぜひご利用ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント