トランプ愛機 日本の航空会社、なぜB757だけ導入ゼロ?

米大統領選で注目を集めるドナルド・トランプ氏のプライベートジェットは、ボーイング757型機。日本の航空会社はボーイング社の旅客機を多く導入していますが、実はこの757型機だけ、1機も採用していません。727、737、747、767、777、787はあって、なぜ757だけないのでしょうか。

世界が注視する男の愛機は「757」

 2016年11月のアメリカ大統領選に向け、いま進められている候補者選び。そこで発言などから注目を集めているドナルド・トランプ氏は、中型の旅客機ボーイング757を“プライベートジェット”として保有しています。

 この757型機をエアライン各社が旅客機として使用する場合、座席仕様は通常180から200席ほどですが、彼の「トランプ フォース ワン」とも称される自家用の757型機はたったの43席しかなく、空間を贅沢に使用。ダイニングやラウンジ、ベッドルームまでもが装備されており、「不動産王」と呼ばれるだけあって、公私ともに豪勢な生活を送っているであろうことをうかがわせます。ちなみに「トランプ フォース ワン」は、アメリカ大統領が搭乗した空軍機に与えられるコールサイン「エア フォース ワン」をもじったものです。

160423 b757 01
ドナルド・トランプ氏のロゴが描かれた“プライベートジェット”のボーイング757型機(写真出典:icholakov/123RF)。

 757型機は、アメリカの航空機メーカーであるボーイング社が、短中距離のベストセラー・727型機の代替モデルとして1978(昭和53)年に開発を始めた機材です。登場すると世界市場で人気を博し、いまもなお運航されています。

 しかし日本の航空会社は、この757型機を1機も導入していません。

 日本の航空会社が運航する機材は圧倒的にボーイング社製が多く、これまで各社が727、737、747、767、777、787と順を追うように導入してきました。にもかかわらず、なぜ757型機だけ採用されなかったのでしょうか。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. ボーイング社の民間ジェット機では他にもB717(開発は吸収したMD社),古くはB707,B720も日本の
    航空会社は採用していません!
    ですからB757だけ採用していないとの記事は誤りです。

  2. 「727、737、747、767、777、787と順を追うように導入してきました」という前振りがあるのだから、その範囲内に於いては「757だけ採用していない」という記述も間違いではないでしょう。

  3. なぜアメリカが757を必要としたのか、という視点が欠けているのが残念です。ワシントンのロナルド・レーガン空港(旧ナショナル空港)とニューヨークのラ・ガーディア空港は、セミ・ワイドボディ機の就航が禁止されています。757/767開発当時のこの2空港運用の主力であったB727の置き換え需要があり、米大手航空会社は通路1本の新機種を必要としていました。当時は737では727の置き換えはサイズ的に厳しい状況だったことから、B757がキックオフされました。そもそも日本の航空会社の需要とは関係ないところで開発されたので、購入対象になりえませんでした。但し、767と共同開発だったことから、スペック的には過大なエンジンを搭載しており、高地空港への就航に有利だったことから、中央アジアや南米のキャリアも発注しています。

  4. なぜアメリカが757を必要としたのか、という視点が欠けているのが残念です。ワシントンのロナルド・レーガン空港(旧ナショナル空港)とニューヨークのラ・ガーディア空港は、セミ・ワイドボディ機の就航が禁止されています。757/767開発当時のこの2空港運用の主力であったB727の置き換え需要があり、米大手航空会社は通路1本の新機種を必要としていました。

  5. 子供の頃、 「ジャンボはB-747。その次は757のはず。なぜ767なのか?」と大人に聞くと、
    異口同音に「757は途中で作るのを止めたんじゃないのかな」と言われた。
    親も学校の先生もみんな、「B-757は存在しない」と思い込んでいた。
    大人の常識も怪しい。。。。

  6. 他の方が書かれている通り757の特性について記事が間違っている。機体サイズに対してエンジン推力が大きすぎる757は日本での需要はそもそも見込めなかった(実際にANAは単通路のA320から派生したA321を採用)
    また米空軍ではC-32として採用されており、大統領以外の政府高官が来日する際などに横田基地などでも見る事ができる

  7. 767や777、787などは日本がリスクシェアリングパートナーとして開発からさんかして、相応の生産も分担してるが757はそれが無いのが一番の理由じゃないでしょうか?

  8. B757に搭乗したことがありますが、
    確かに国内線には無理があるのかも知れません。
    DC-9に似ているかも。
    (エンジンやシートの配列は異なりますが)
    長距離の地方の国内線ならば導入出来るとは思いますが、
    融通が利かないかも知れません。

  9. ニューヨークからラスベガス行くときに乗りました。貴重。

  10. BAでロンドン・ヒースロー パリ・シャルルドゴール 1間を755で往復しました、
    その時755って有るんだと知ったかもしれません、航空会社によって違うでしょうけど
    座席のテーブルも簡素で、いかにも国内線という感じでした。

  11. 通路を挟んで座席3列の配置は結構つらい。特に窓側に座ると、出るときにドアが開いて人が動き始めるまで座席を立って荷物を取り出せないことがあるからイライラする。