機内で「六甲おろし」 「タイガースジェット」登場 スカイマーク

スカイマークが特別デザイン機「タイガースジェット」の運航を開始。機体に「阪神タイガース」のロゴがデザインされ、「六甲おろし」の放送や紙うちわの配布といった特別な演出が機内で行われます。

CAは「阪神タイガース」のユニフォームを着用

 2016年4月27日(水)、スカイマークは特別デザイン機「タイガースジェット」の運航を始めました。機体にはプロ野球球団「阪神タイガース」のロゴなどがデザインされ、機内では同チームにちなんだ演出が行われます。

 スカイマークは関西の拠点である神戸空港を通して、神戸をはじめとした関西地域の魅力を全国に発信する「神戸 旅の港街 プロジェクト」を展開。この第5弾として、兵庫県に本拠地を置く「阪神タイガース」とコラボレーションしたといいます。

160428 skytigers 01
「タイガースジェット」では客室乗務員が「阪神タイガース」のユニフォーム(スカイマーク仕様)を着用。座席には特製ヘッドレストカバーも(画像出典:スカイマーク)。

「タイガースジェット」の機材はボーイング737-800型機。1機目の「JA73NL」は4月27日(水)から、2機目の「JA73NM」は5月10日(火)から、どちらも10月末までスカイマークの各路線で運航されます。

 機内では客室乗務員が「阪神タイガース」のユニフォーム(スカイマーク仕様)を着用。乗り降りの際には「六甲おろし」が放送で流されます。また各座席のシートポケットには、神戸空港から甲子園へのアクセスなどが掲載されたオリジナルの紙うちわが用意されており、自由に持ち帰ることが可能です。

 今後、この「タイガースジェット」では5月中旬からオリジナルスポーツタオルの機内販売、5月21日(土)の神戸空港における一般公開が予定されています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. えっと、これ、どうなの。自分みたいに他チームのファンが乗る可能性もあるのに。

  2. これは、まさにタイガージェットシン!プロレスラーも乗せても良いかも!(*^_^*)