カタログ燃費はウソなのか? クルマの実燃費と差がつくワケ

カタログ燃費と実燃費で差がつく理由、分かりますか?

 クルマの燃費性能を数字で示すのは、そもそも難しいことです。

 まずクルマは、どのような道を走るのかが決まっていません。まっすぐ平坦な道でブレーキを踏むこともなければ、もちろん、燃費は良いですよね。しかし実際の道路では、曲がり角があり、信号で止まり、坂を上ったり下ったりと、常に一定に走らせるわけにはいきません。そして、曲がり角や信号ばかりのルートで加速と減速を繰り返せば、当然、燃費は悪化します。

 さらにドライバーの個性もあります。急いで加速する人もいれば、ゆったりと加速する人もいます。もちろん、加減速の差が大きいほど燃費にはよくありません。また、乗っている人や荷物の重さも影響します。

 加えて、使い方も人それぞれ。エンジンはある程度、暖まらないと本来の性能が発揮できませんから、乗り始めからしばらくのあいだは燃費が悪いのです。そして渋滞も燃費には不利。たとえば「近所のスーパーまで渋滞のなか買い物に行く」といった状況は、燃費的には最悪になります。逆に、高速道路での巡航といったケースは、燃費的に有利になります。

 ひとくちに「燃費」といっても、実際の路上では状況がさまざまであるため、その時々により計算される数字はバラバラになってしまいます。そうしたなかで、一定の条件下における数字として燃費を示そうとするものが、カタログの燃費性能なのです。

 こうした事情もあり、カタログの燃費性能は大昔から「実燃費と違う」と言われ続けてきました。大昔のカタログには、「一定の速度で、まっすぐで平らな道を走行する際の燃費性能」が載せられており、ライバル車との比較には参考になりますが、実燃費との乖離は当然のように大きなものでした。

 そこで「モード燃費」という考え方が導入されます。加速したり、減速したり、一時停止するなどの状況を定めた条件下で燃費をテストしようという方法です。

 しかし、これでも実燃費とは合致しませんでした。それはそうでしょう。「モード燃費」といえども最高の数字を出したいのが自動車メーカーの本音であり、最高に条件の良いところで、最高に運転の上手な人が出した数字を使うからです。

 であれば、もっとリアルに近づけようということで、モード燃費は「10モード」「10・15モード」を経て、現在の「JC08モード」へと進化してきました。より実態にあわせた厳しい内容へと更新されてきたのです。昔と比べれば、徐々にではありますが、実燃費に近づいてきた。それが「カタログ燃費」の歴史です。

テーマ特集「【自動車】燃費向上テク、選び方…知っておきたい燃料の話」へ

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

11件のコメント

  1. 大排気量の車を買うのに燃費を気にすること自体なんかおかしい気がする。
    私の感覚では燃費が問題になるのは、自家用車ならせいぜい2000ccぐらいまで、商用車なら死活問題だろうが、、、
    スポーツタイプの車で ハイブリッドが出た時はなんかの冗談かと思った。

  2. 学生でカネがなくて時間はあった頃、車中泊で遠出をしていたので燃費が気になっていた。
    歳くって、カネはあっても時間がなくなってクルマの運転そのものが楽しみのこの頃、燃費なんか気にしてられない。

  3. 加速の仕方で燃費が変わるのはよく聞くけど、減速の仕方で燃費が変わるのを言ってくれる人は少ないですね。

    ブレーキを出来るだけ踏まない運転をすれば、燃費は良くなります。ただし安全の為に、ブレーキランプを適度に点灯させる必要はありますが。

    赤信号で停まるときも、全ての減速を摩擦ブレーキで行うのではなく、早めの時点からアクセルベダル完全オフのエンジンブレーキで行う様にするだけでも、無駄な摩擦熱の減少と燃料カットのダブルで効きますよ。無駄な加速をしない為にも、無駄な減速をしないというのも効果ありです。

    それと、雪道・凍結路での走らせ方が、そのままエコ運転に生かせるというのは聞きますね。(急の付く操作(急加速・急ブレーキ・急ハンドル)をしない。)

  4. アクセルワークを気にせず走って燃費が悪いと文句をいうひといるんだよね...
    まぁ、どんなに気にしてもカタログ-5kmにも届かないけど...

  5. 北米トヨタの発表は→新型プリウスは26.7km/L?
    お国が異なると→燃費も?変わるの
    同じ地球上で

    誤差(1割程度?以上に…おかしな燃費→疑わしい?だろ
    北米だと→訴えられる
    日本だと→訴えられない

    その差?か

    • そのインチキ燃費で税の軽減が決まっているのに国税庁や会計検査院がだんまりを決め込んでいるのは許せないです。

  6. 信号待ちからの加速で後ろからベタ付してくるのが軽自動車に乗った奥様が大半。
    燃費が悪いだの何だの一番気にしてるような層だ。

    結局、そこまで気にしてる人以外は何もしなくても「燃費が良い車」という夢の車を欲してるんだよなぁ。
    燃費が良いモデルに売れ行きが集中するのはそれが理由じゃないの?って思う。

    天下のプリウスでも乗り方次第で10km/L違うという実例もあるのを皆知ってるのだろうか、と思う。

  7. そんなにガソリン使いたくなきゃ車のらなきゃいい。公共交通機関使え。特にプリウス乗ってる奴は下手くそで近く走りたくねーからいなくなりゃ幸いだ

  8. あまりカタログの燃費は、あてにしていない。
    ハイブリッド車も乗運転ね仕方によると思います。ハイブリッド車も燃費がいいと言うより環境に配慮した車と思った方が良い。

  9. 「アイドリング・ストップ機能」の無い車の信号待ち中のエンジン停止は危険、とあったが、「危険」と言い切るならばその理由も明示すべき。ただ単に再始動に手間取ったり失敗する懸念を言うのであれば、それは円滑な交通の妨げにはなるが、「危険」ではない。もう少し言葉を選んで欲しい。

    • エンジンキーを切ってのアイドリングストップが危険だなんて意味ないですね。自動でアイドリングストップする方が車のクセを掴まないと円滑な交通が出来ない分危ないです。日本車のモード燃費がデララメなのは常識(それで税金が決められる不条理!)ですが、せめて評論家はタイコ持ちにならないでほしいと思います。