快速の沼津・浜松行き? 静岡車両区「さわやかウォーキング」で公開 JR東海

JR東海が鉄道イベント「グランシップ トレインフェスタ 2016」にあわせて、静岡車両区を公開。それ自体、15年以上ぶりで珍しいことですが、会場ではほかにも珍しいものが見られました。

車両の行先表示部分に現れる「遊び心」

 JR東海が2016年5月14日(土)、東海道本線の東静岡(静岡市葵区)付近にある車両基地・静岡車両区を「さわやかウォーキング」参加者に公開しました。

「さわやかウォーキング」はJR東海が行っている、一部を除き参加費や予約がいらないウォーキングイベント。その日、東静岡駅付近で開催された大型の鉄道イベント「グランシップ トレインフェスタ 2016」にあわせて、そのイベントと静岡車両区などを訪ねる「さわやかウォーキング」が実施されました。ちなみに静岡車両区の公開は、少なくとも15年以上ぶりといいます。

「さわやかウォーキング」参加者に公開された静岡車両区(2016年5月、恵 知仁撮影)。

 そんな、入れること自体がレアな静岡車両区では、普段は見られないレアな列車種別・行先に出会えました。

「快速 沼津」を表示する211系電車。普段、そうした列車は運転されていない(2016年5月、恵 知仁撮影)。

 こうしたイベントではしばしば、展示車両の行先表示部分に実在しない種別や行先を表示するという“遊び”を楽しむことができます。

「快速 浜松」を表示する313系電車。普段、そうした列車は運転されていない(2016年5月、恵 知仁撮影)。

 この静岡車両区の公開でも、211系電車は「快速 沼津」、313系電車は「快速 浜松」という実際には見られない種別・行先を表示していました。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 写真説明のところだけど、補足すると『静岡支社管内では』を付けるべきでわ?

    浜松-大垣間(東海事業本部管内)の「上り列車」なら、1時間に1本は見るぞ。