横浜シーサイドライン、ごみ焼却施設めぐるツアーを6月開催

横浜シーサイドラインが2016年6月25日に「プレミアム探検ツアーVol.14」を開催。横浜市資源循環局金沢工場やシーサイドラインの車両基地でのさまざまな見学や体験、そしてプレゼントが用意されています。

苗木やカブトムシのさなぎなどをプレゼント

 横浜市の臨海部、新杉田~金沢八景間を走る新交通システムの横浜シーサイドラインは2016年5月23日(月)、「プレミアム探検ツアーVol.14」を6月25日(土)に開催すると発表しました。

 これは地域活性化を目的に、シーサイドラインと沿線企業、施設などが連携し、事業内容や取り組みなどを紹介するツアーです。今回は、横浜市資源循環局金沢工場での炉室やごみクレーン運転室の見学、金沢消防署によるはしご車搭乗体験や放水体験、シーサイドライン車両基地での洗浄体験などを予定。また、ハンドタオルやオオムラサキツツジの苗木、カブトムシのさなぎ、クッキーなどの「プレミアムなプレゼント」(横浜シーサイドライン)も用意されます。

160523 ssltanken 01
参加すると「プレミアム」な探検先をめぐり、「プレミアム」なプレゼントがもらえる(画像出典:横浜シーサイドライン)。

 参加は小学生以上(大人同伴)。料金は大人2000円、子ども1500円です。5月25日(水)午前9時から6月10日(金)17時までの期間に、横浜シーサイドラインのウェブサイトから申し込んだ先着20組40人(1組2人)が参加できます。定員になり次第受け付けは終了です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント