「アクセラ」累計500万台達成 「ファミリア」に続き2車種目、マツダ最速

マツダ「アクセラ」が、累計生産台数500万台を達成。同社では「ファミリア」に続く2車種目で、最短の記録になります。

山口県以外に中国やタイ、メキシコでも生産

 マツダは2016年5月31日(火)、乗用車「アクセラ(海外名:Mazda3)」の世界累計生産台数が、今年4月末までに500万台へ達したことを明らかにしました。

 同社によると、マツダ車で累計500万台は「ファミリア」に続いて2車種目であり(バン、トラックを除く)、2003(平成15)年6月の生産開始から12年10か月での達成は最短記録だそうです。

 この「アクセラ」は、2003年に生産が終了した「ファミリア」の実質的な後継車とされ、マツダの年間販売台数のうち約3割を占める基幹モデル。日本の防府工場(山口県防府市)ほか中国、タイ、メキシコで生産されているほか、マレーシアとベトナムでも現地組み立てが行われています。

160531 axela 01
「アクセラ」には写真の5ドアハッチバックのほか、4ドアセダンも用意されている(写真出典:マツダ)。

 マツダは「アクセラ」について、初代モデルから躍動感あふれるデザインや、応答性に優れた“楽しい走り”に磨きをかけてきたとのこと。そして「世界中のお客さまに『走る歓び』と『優れた環境・安全性能』を持つ商品をお届けすることで、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります」としています。

 2013年にフルモデルチェンジした現行の「アクセラ」は、マツダの次世代車両技術「SKYACTIV」と、デザインテーマ「魂動(こどう) - Soul of Motion」を全面的に採用。「2014年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」と「2014年ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」で“トップ3 ファイナリスト”に選出されました。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント