スバル「水平対向」なぜ採用? 世界的にマイナーな選択、そのワケ

2016年5月、スバルの「水平対向エンジン」が発売50周年を迎えました。世界の自動車メーカーでも採用はまれなこのエンジンを、なぜスバルは選択し、こだわり続けているのでしょうか。そこには現在、同社が好調な理由も見えてきそうです。

そもそも「水平対向エンジン」とは?

 2016年5月14日(土)、スバルの「水平対向エンジン」が発売50周年を迎えました。

 スバルは1966(昭和41)年5月14日発売の「スバル1000」へ水平対向エンジンを搭載して以来、これまでの50年間、同エンジンを作り続けてきました。現在、同社で生産されるクルマにはすべて水平対向エンジンが搭載されており、これまで1600万台もの同エンジンが世に送り出されています。まさに“スバルのアイデンティティ”とも呼べるエンジンです。

「水平対向エンジン」は、ガソリンを燃やすシリンダーが水平に寝ており、それが左右一対で向かい合うという方式。シリンダー(燃焼室)はエンジンにとって最も重要なパーツで、缶ジュースのような円筒形のため「気筒」と呼ばれます。シリンダーひとつであれば「単気筒」、4本なら「4気筒エンジン」です。

 そしてこのシリンダーを、商品棚のドリンク缶のようにまっすぐ1列に並べたものが「直列エンジン」、前から見てV字状に並べたものが「V型エンジン」、水平に寝かせて左右向かい合うように並べたものが、世界の主要な自動車メーカーでスバルとポルシェしか作っていない「水平対向エンジン」です。たとえば、気筒数が4でそれがまっすぐ並んでいれば、軽自動車から排気量2000cc程度のクルマで一般的な「直列4気筒エンジン」になります。

ピストンが3つずつ向かい合う「水平対向6気筒エンジン」。ピストンは筒状のシリンダー内部に入っている(写真出典:富士重工業)。

 この水平対向エンジンは、ほかの形式と比べると上下に低いのが特徴です。低いので重心も当然、低くなります。また、シリンダー内でガソリンなどが燃えたときに生まれる振動を左右で打ち消しあう格好のため、振動が少ないという利点もあります。

 一方、短所としては、エンジンの左右幅が大きく、タイヤを左右に動かせるスペースが少なくなるため、タイヤの切れ角を大きくとりづらい、つまり駐車やUターンなどが苦手になる傾向があります。しかも、その傾向はエンジン用スペースの狭い小さなクルマほど強く、よって小型車の利点である取り回しのよさはいまいち発揮できなくなりがちです。

 そうした長所と短所があるなか、なぜスバルは小型車の「スバル1000」に水平対向エンジンを採用し、そして同エンジンをいまもなお作り続けているのでしょうか。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

16件のコメント

  1. オーバーハングについて
    自動車におけるオーバーハングには、「フロントオーバーハング」と「リアオーバーハング」があり、それぞれ前輪中心から車体前端、後輪中心から車体後端までの距離なので、エンジンは大きな要素にはなりますがエンジンが前にはみ出す部分は正確でないと思います。

  2. この手の話に、百瀬さんが出てこないのは、おかしくないか?

    プラットフォーム、フォレスターとインプレッサは同じだけど、レガシィも一緒になったんだ??

    以前、Hにしたのは、飛行機からくる理由と、排気量を上げたい時に、単純に気筒を増やせば対応できるからって、聞いたけどなぁ

    初代アルシオーネや、BFレガシィなんかそうだったじゃん

  3. >前から見てV字状に並べたものが「V型エンジン」、水平に寝かせて左右向かい合うように並べたものが、(略)
    >「水平対向エンジン」です。
    この説明、間違いです。
    これでは、「180度V型エンジン」と「水平対向エンジン」は同じものとなってしまいます。

    •  同じでしょうよ。どこが違うんですか? 

       V型エンジンのバンク角を180°にしたらフラットエンジンでしょうが。

  4. スバルの車は、エンジンのすぐ後ろにトランスミッションがあるため、エンジンはフロントオーバーハング部になります。
    それに比べて、横置FF車は、 バルクヘッドまで寄せられます。
    今の車同士の比較では、「オーバーハング」はむしろスバル方式水平対向エンジン車の方が大きいと思います。

  5. なぜ「今でも」水平対向か?という疑問の答えも欲しい気がします。
    欠点は他にも。ヘッドが2つに別れて熱損失大きく効率悪いとか整備性が悪いとか。
    利点の低重心についても、前輪駆動シャフトのためエンジンそれほど低く置けないので、それほどでもないと言う話もありますよね。他の方が言うようにエンジンオーバーハングは実は大きめ、とかも。

    一番の利点はスバルの宣伝文句「水平対向+symmetrical AWD」ではないかと思います。
    人間が非対称に乗っていて、エンジン以外の機材も非対称でどれだけ対称性に意味があるのかわかりませんが、AWDと相まってその美しさが価値?
    スバルの看板となり、こだわりメーカーであることをアピールするのに好都合なのかも。
    スバル車が運転しやすく安全で気持ちいいのは確かですが、実際には他の要素の積み重ねで達成しているのかも?

  6. >世界の主要な自動車メーカーでスバルとポルシェしか作っていない ?
    HONDAの方がずっと主要な自動車メーカーだと思います

    • 二輪用の事かい? だったらBMWも同時に挙げておきたいね。

  7. 本当の理由は、試作車から量産車に移行する計画であったP1開発において富士重工と姉妹社である富士精密からエンジン供給を受ける予定だったが、富士精密と合併したプリンス自動車の株主会社であるブリヂストン会長の石橋正二郎氏の意向で富士重工側がオカモト護謨製のオカモトタイヤをメインで使用するのを懸念した結果、富士重工にエンジン供給を妨げたのではないかとの説があります。
    また、水平対向エンジンを使いはじめた理由は、P1計画でエンジンの供給が絶たれ暗礁に乗り上げた時期に、エンジンを自社開発を迫られた結果、ちょうどいいタイミングで愛知機械工業のジャイアントが搭載していた水平対向エンジンの技術者大勢が、ジャイアント販売不振により、ごっそり愛知機械工業から退社した後に、富士重工が引き入れて、ジャイアントと同様の設計で水平対向エンジンを作らせたのが始まりです。ですので水平対向エンジンはスバルオリジナルではなく他社の技術の無断流用かと考えます。
    のちに改良されスバル1000に搭載され、同社の資金力不足と開発力にイノベーションが起こせなかった重工系の体質により、普通車では水平対向エンジンしか生産できなったことが、現在ではオリジナルに展開していることが幸いとなった結果です。

  8. 軽で直4は一般的か? 贅沢品でしょ?(笑)

    それはともかくプラットフォームが水平対向専用だからと、欧州向けにディーゼルエンジンも水平対向で作っちゃったことにも触れた方が良いのでは。自動車用では世界唯一。多分。

  9. VWのコンビなどは、水平対向エンジンのプラットフォームに実にうまくL4ディーゼルエンジンを収めてます。耐久や耐震、対摩耗など乗用車より不利な商用車で、しっかりした辻褄合わせの設計と製造を展開しています。
    旧富士重工は基本設計を替えたがらない重工体質に絡んで、設計陣は過去資産を替えず流用し続ける組織的な甘さが見受けられます。富士重工の軽は、L4を搭載するにあたっては、シェア拡大路線の戦略を断ち切り2ndR2やR1はエレガント思考な設計だったのかもしれません。川崎重工の大型バイク路線も同様でしょうか。

    • 昔は同じ車体に水平対向とインラインエンジン載っけた例は他にもあります。確か日産パルサーにアルファスッドのエンジン載せたのも有りましたね。

      けど、今は衝突安全性などで難しくなってると思いますよ。エンジンルームの潰れ方なんて昔は考えてなかっただろうし。

  10. VWコンビは2014年まで製造されてつい最近まで新車で買えました。実はRRです。最新版の搭載エンジンは直4で1.4Lのバイフューエルエンジンを採用し、エタノール100%でも、ガソリン100%でも稼働可能でした。
    アルファロメオ・アルナですか、日産が石原社長時代に倒産寸前まで追い込んだ負のトリガーですよね。先代川又社長や岩越社長が計画推進していたアメリカ進出計画を裏切り破棄し、このあとアルファとの合弁や、スペインのモートルイベリカ買収やWVサンタナライセンス取得など、最後は英国マイクラ工場建設の負債の借金を返せなくて、、、などなど予算をどぶに捨て無謀に推進していった計画です。アルファから得たものはVGエンジンを非公式にパクッたことくらいでしょうか。

  11. 水平方向を選んだ決定的な理由は、モーターへの置き換えです。スバル1000を開発していた当時から、百瀬晋六さんは電気自動車への発展を考えられていました。モーターへへの置き換えを考慮して、軽量コンパクトな水平方向をしたのです。バッテリーの技術が追いつかないので、結局モーターへの置き換えは実現してませんが、40年以上前に電気自動車の時代を考えていた百瀬さんは凄いです。
    このエピソードは文献を調べれば判りますよ。

  12.  同じでしょうよ。どこが違うんですか? 

     V型エンジンのバンク角を180°にしたらフラットエンジンでしょうが。

  13. >zhong 2017/01/01 at 21:09
    >同じでしょうよ。どこが違うんですか? 
    >V型エンジンのバンク角を180°にしたらフラットエンジンでしょうが。

    構造が違います。下記などを御覧ください。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%B9%B3%E5%AF%BE%E5%90%91%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3#180.C2.B0V.E5.9E.8B.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3