「Suicaのペンギン広場」新宿駅に16日誕生 ブロンズ像も新設 JR東日本

JR新宿駅新南改札に直結している歩行者広場の名前が、2016年7月16日から「Suicaのペンギン広場」に。新たな待ち合わせスポットとして、高さ約2.5m(台座含む)の「Suicaのペンギン」ブロンズ像も設置されます。

巨大ペンギンパネルも期間限定で設置

 JR東日本は2016年7月6日(水)、新宿駅新南改札に直結している歩行者広場を、ICカード「Suica」のキャラクターにちなみ「Suicaのペンギン広場」と命名し、7月16日(土)に“広場開き”をすると発表しました。

 この広場は今年3月25日(土)に開業した「JR新宿ミライナタワー」と同時に開設。広さはおよそ2000平方メートルで、24時間開放されています。線路上の人工地盤に造られており、山手線や中央線などの列車を眼下に眺める「トレインビュー」が可能です。

160706 jrepenguin 01
「Suicaのペンギン広場」に設置される「Suicaのペンギン」ブロンズ像のイメージ(画像出典:JR東日本)。

 広場には、新たな待ち合わせスポットになるよう「Suicaのペンギン」のブロンズ像が設置されます。高さは約2.5m(台座含む)。像は「未来に向かって進んでいく姿」(JR東日本)が表現されており、台座の裏側(線路側)には「Suica」の歴史が記載されたカードパネルが掲出されます。

160706 jrepenguin 02
期間限定で設置される高さ約3mの巨大な「Suicaのペンギン」パネルとオブジェのイメージ(画像出典:JR東日本)。

 さらに7月16日(土)から8月31日(水)までの期間には、高さおよそ3mの巨大な「Suicaのペンギン」パネルを設置。あわせて、アイスを食べていたり浮き輪を持っていたりする「Suicaのペンギン」期間限定オブジェも複数設置される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント